大阪 堺駅 徒歩5分 ”リバウンドゼロ”の痩身エステ・ダイエットサロン

大阪 堺駅 徒歩5分 ”リバウンドゼロ”の痩身エステ・ダイエットサロン | ラピスラズリ

堺ダイエット豆知識

● アラフォー女子必見!正しい立ち方で、キレイな姿勢と太らないカラダになれます。

投稿日:

● アラフォー女子必見!正しい立ち方で、キレイな姿勢と太らないカラダになれます。

おはようございます。富山史子です。

あなたも、正しい立ち方がわかればキレイな姿勢になれます。

薄着になりつつあるこの季節、スタイルが良く見えるようになりませんか?

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花。

今は死語になっていることわざですが、女性の美しい立ち振る舞いを花に例えています。

スマホ、パソコン、ゲームなどにより下向き加減の姿勢が多くなり、猫背や巻き肩になっている場合があります。

また、ショルダーバックやリュックなども原因となることもあります。

昨日のお客さまは、体型の悩みはリンゴ型・洋ナシ型と違うのですが共通点は、姿勢が悪い。

まずは、立ち方を美しくするだけで姿勢が変わります。

美しい姿勢になるポイントは、体重の置きかたです。

 

 

キレイな立ち方ができれば歩き方も変わってきます。

どうしても、姿勢の悪い方はどちらかに体重を乗せています。

まずは、力を抜いた状態で立ってみてください。

そして、次に体重を踵におき足の親指の付け根に重心を置き換えましょう。(最初は、力を入れて体重を置いてください。)

足裏の内側に重心がきます。

正しくできていると内転筋(足の内側の筋肉)に力が入った状態になります。

そして、力を入れてお腹を凹ませ(丹田)肛門をしめます。

チェックポイントは!

お腹(丹田)をさわると固くなっています。

インナーマッスル(体幹)が弱い方は、お腹に力が入りません。

また、肛門をキュッと、しめることができない場合が多いです。

力が入らないことがあります。

それは、筋肉が緩んでいるためアラフォー女子やアラフィフ女子に多くみられます。

この姿勢ができれば自然と内ももとお尻の筋肉を使うことになることで、リンパの流れを促し腰への負荷を軽減するため、体全体のむくみや腰痛の予防も期待できます。

そして、このときに反り腰になっているかどうかをチェック忘れずにしてください。

大体の場合、反り腰になっていることが多いので仙骨に手をおき、もう片一方の手を丹田においてください。

仙骨からお尻を少しだけ下げ、丹田においた手を上に引き上げます。(腰を少し外側から内側に入れる感じです。)

このとき、みぞおちから恥骨までの距離ができ、まっすぐに伸びます。(腹直筋を引き延ばすイメージをしてくださいね。)

そしてそのまま、肩を後ろに引くことで、胸が開きデコルテラインが美しく整えられます。(上から吊られているイメージで姿勢をキープ)

また、胸を開く(バストが前に出ている感じ)ことで、バストラインもキレイになり、肩甲骨が狭まり美しい立ち姿になります。

キレイなバストラインつくりにもなります。

 

 

もし、胸を開いた状態のときに、肩があがり、いかり肩になった場合、それは肩でバランスを取ろうとしています

肩を下にさげ手を後ろにひくことで、姿勢がキレイになります。

また、きつい反り腰の場合、この姿勢をすることで腰が痛いと感じる場合がありますが、まずは無理せず姿勢が維持できるように慣らしていきましょう。

正しい姿勢は、見た目にも美しく太りにくいカラダにもなることを知って下さいね。

猫背、巻き肩の姿勢は、体型を崩す原因になります。

これから薄着になることで美しい姿勢でいることで見た目がかなり変わります。

あなたにもできる、猫背、巻き肩から美姿勢に!

体重の置き方を意識するだけですよ。

スリム体型と太らないカラダになる基本は、こちらでもっと詳しくお伝えしています。

-堺ダイエット豆知識

Copyright© 大阪 堺駅 徒歩5分 ”リバウンドゼロ”の痩身エステ・ダイエットサロン | ラピスラズリ , 2019 All Rights Reserved.